着物は日本の大切な文化

着物

着物は日本の大切な文化

着物という言葉は鎌倉時代から室町時代頃に誕生したと言われています。さらに洋服が広がり始めた明治時代に和服という言葉が誕生しました。着物は日本古来よりある大切な日本の文化の一つです。近代になると着物を着る人はどんどん少なくなり、着物業界も縮小の一途をたどっていました。そんな中、インバウンドが好影響を与え貸衣装業界が市場を拡大していきます。貸衣装での着物は安価で借りる事が出来るので現代人のニーズにマッチしました。今では着物レンタル業界として京都を中心にもう着物を着る事を観光の目玉とする動きが見られています。他国にはない重要な観光ポイントとして今後も着物は重宝されていくと思われます。また着物のファッションショーが国内や海外で開催されています。国内では和装最大級着物のファッションショーである「なでしこコレクション」、海外ではニューヨークコレクションに史上初となる本物の着物が出展されました。日本の着物は文化の一つとして大きな役割を果たしています。




京都ならではの散歩道をご紹介

東山のふもとにある、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道で約1.5キロの哲学の道、嵐山の嵯峨野にある有名な竹林の道、祇園にある昔の風情を残す石塀小路、金閣寺からスタートして仁和寺まで歩くきぬかけの路などをご紹介

続きを見る



リサイクル着物の選び方

リサイクル着物を買うには十分に注意が必要です。実際どのように保管されていたのか未知数ですし、いつ作られたものかも定かではありません。お店に展示されていた着物や受け取りに来なかった宙ぶらりんの着物などもリサイクル着物として扱われます。出処が明記されている着物は状態が良いので買っても問題ないといえます。

続きを見る



一押し関連サイト

あかひめ 清水五条店の着物レンタル
清水寺まで徒歩で行ける!京都で着物レンタルするならあかひめ!

ぎをん小町!レンタル着物
京都で人気急上昇中!着物レンタルは京都にあるこのお店がおすすめ!




着物と京都の関係性

着物は長い歴史の中で受け継がれてきた,日本が世界に誇る民族衣装です。「きもの」は、「洋服」に対する言葉として、「和服」を指して用いられ、今 では「kimono」として国際的に通用する衣装になっており、外国の方が着物を買い求めることも少なくはありません。京都は、1200年を超える歴史の中で築かれた、とても美しく、魅力的な都市です。そんな京都の自然やまち、人々によって着物の文化は生まれました。

続きを見る